2018/12/09 12:41


イライラやストレス、溢れる情報ですりへってしまう毎日に

自然のリズムで寄り添う何かを作りたい。

移り変わる四季の中、ローカルに少しずつ。

そんな想いから生まれたロウソクです。


雪の降った夜、ふんわり明るくなった雪道を歩いたことはありますか?


頭の中が澄んできて

寒いはずなのにどこか温かい自然の時間です。




火を灯し 耳をすますと 

プツプツ、ジジジッ どこか懐かしい音がします。

そのゆったりとした音色は、まさに”自然の音”。


秘密はオリジナルの芯にあります。


dotto・CANDLEの芯は、天然木を独自加工し使用しています。


芯に適した木はどういう木か、

次に、どう加工したらあたたい火と音が生まれるのか、

研究実験と失敗を重ねました。


切った生の枝木に火をつけても燃え続けません。

長い時間をかけて「乾燥」や「アク抜き」を何度も何度も繰り返します。

北海道の爽やかな気候がそれを手助けしてくれます。

こうしてロウを吸いやすい木芯ができあがるのです。


木の芯は、糸の芯とは違います。


火はすぐにつきません。

燃えた芯を折り取ることも必要です。

炎も大きくなったり小さくなったり変化します。

そんな手間と時間を味わうためのロウソクです。


ロウは大豆から作られた自然植物素材のソイワックスだけを使用。

乳白色のロウに灯るオレンジ色の光は、まるで雪明かりのよう。


ゆっくり燃焼するため、長時間楽しめます。


だれかと食事をしながら炎をみつめて語らったり

ひとりでお酒や読書と楽しんだり。


しずかな場所で人間は無意識に音を求めて探すそうです。


ゆらぐ炎を眺めながら、自然の音に耳をすませて

ゆったりと心地よく

こころの声にも耳を傾けてみませんか?





ひとつひとつ丁寧に、手仕事で生まれたドットトゥ・キャンドル。


電気を消して

ロウソクに火を灯しましょう

PCや携帯電話もオフにして



あわただしい日常から解き放たれる

スローなひとときを。




”小さな焚き火” dotto・CANDLE(ドットトゥ・キャンドル)


■SHOP&BLOG

※素材と製法にこだわり、ひとつひとつ手作りしているため

  一日の販売数に限りがございます。ご容赦ください。


■ホームページ

https://www.dottocandle.com